かんたん!高機能!バックアップツール。
ProjecKit(プロジェキット) 2

「プロジェクト」メニュー

ProjecKit では、バックアップの対象となるフォルダごとに、「プロジェクト」という単位で管理しています。
たとえば、「取引先A」、「取引先B」とフォルダを分けてファイルを管理している場合、それぞれの単位で「プロジェクト」ファイルを作っておくことで、 バックアップファイルを「プロジェクト」単位で管理することで、
・バックアップファイルをコンパクトにできる。
・バックアップ時間を少なくできる。
などのメリットがあります。

「プロジェクト」メニューには
「新規作成」
「オープン」
「保存」
「名前を付けて保存」
および
「終了」
があります。
「編集」メニューの「プロジェクト編集」で、プロジェクトごとに詳細な設定ができます。
「ツール」メニューの「テンプレートとして保存」を利用すれば、よく使う設定内容を共通で利用できるようになります。
「テンプレートとして保存」メニューは、試用状態ではご利用できません。