かんたん!高機能!バックアップツール。
ProjecKit(プロジェキット) 2

ファイル名の命名規則

バックアップファイル名には、下記のマクロ記号を使って自由にしかも重複しないファイル名を作成することができます。
マクロ記号の形式は、 <%記号%記号...>の形式で、<>の中に複数の記号を記述することができます。
初期設定時の命名では、次のパターンが設定されています。
  Backup<%Y%M%D>-<%n>
たとえば、2012年2月1日に4回目に作成されたZIP形式のバックアップファイルは、
  Backup20120201-04.zip
というファイル名が作成されることになります。

マクロ記号
展開される内容 備考
%Y
4桁の西暦年  
%y
西暦の下2桁  
%M
2桁の月  
%D
2桁の日  
%h
2桁の時  
%m
2桁の分  
%s
2桁の秒  
%N
4桁のバックアップカウンタ カウンタは65536で0に初期化されます
%C
3桁のバックアップカウンタ  
%n
2桁のバックアップカウンタ  
%c
1桁のバックアップカウンタ  
%X
4桁のバックアップカウンタ(16進数)  
%x
2桁のバックアップカウンタ(16進数)  
%f
プロジェクトファイル名(拡張子を含まない) プロジェクトが保存されていない場合は空白
%t
プロジェクトのタイトル  
%v
ターゲットファイルのバージョン情報 バージョンリソースを含むexeやdllなど