かんたん!高機能!バックアップツール。
ProjecKit(プロジェキット) 2

「編集」メニュー

ProjecKit はエクスプローラ風にファイル一覧を表示しますが、一般的なファイラーとしての機能はなく、コピーやペーストなどの処理は実装されていません。
「編集」メニューでは、プロジェクトの詳細設定を画面やコンテキストメニューを使って設定を変更します。


プロジェクトの全般設定を画面入力で変更します。

プロジェクトの編集画面は2つのタブからなります。

以下、それぞれの設定項目について説明します。

タイトル プロジェクトに任意の名前を付けます。
ルートフォルダ プロジェクトの最上位フォルダを設定します。
基準テンプレート テンプレートを選択します。
コメント バックアップの種類などの注釈を入力します。
下位のフォルダ処理 ルートフォルダ配下のサブフォルダを含めるかどうかを指定します。
システムファイル バックアップにシステムファイルを含めるかどうかを指定します。
除外フォルダ バックアップに含めないファイル名をワイルドカードで指定します。
除外ファイル バックアップに含めないフォルダ名を指定します。
追加フォルダ 除外設定ファイルの一部をバックアップに含める場合に指定します。
追加ファイル 除外設定フォルダの一部をバックアップに含める場合に指定します。
バックアップフォルダ バックアップファイルを格納するフォルダ名を設定します。
命名パターン バックアップファイル名を指定します。(ファイル名の命名規則を参照)
カウンタの自動リセット 現在未使用。将来のバージョンで実装予定です。
次回カウンタ バックアップファイルの<%n>などに相当するカウンタを保持しています。
ターゲットファイル バックアップファイルの<%V>に相当するバージョンリソースを指定します。
アーカイブ種別 ZIP書庫だけをサポートしています。
暗号化 バックアップファイルを暗号化する場合に指定します。
自己解凍書庫 バックアップファイルを自己解凍書庫にする場合に指定します。
パスワード 暗号化の際のパスワードです。

「...」参照ボタンの機能
ルートフォルダ、バックアップフォルダ横の参照ボタンで、任意のフォルダを選択する画面が表示されます。
除外・追加フォルダ横の参照ボタンでは、トークンリストの編集画面が表示されます。
トークンは、ワイルドカードで複数指定することができます。
なお除外・追加指定機能は、それぞれのメニュー割り当てを使って、表示中のファイルリストを選択した状態で設定することができます。
<トークンの編集例>

ターゲットファイルを設定すると、ターゲットに指定されたファイルのバージョンリソースを読み込み、バックアップファイル名の <%V>マクロを置換することができます。
詳細は、「ファイル名の命名規則」を参照してください。